PLEN Robotics|プレンロボティクス

  • AIアシスタント PLEN Cube
  • AIアシスタント PLEN Cube
  • AIアシスタント PLEN Cube

※画像のPLEN Cubeは開発途中のものです。

PLEN Cube導入事例 - CRUX Kafeo様

PLEN Cubeがお店でしていることを教えてください。

簡単に言うと店番です。テイクアウトと、店内利用両方の、コーヒーの注文を受けています。アイスコーヒーが気軽に飲める窓口として、スタッフの代わりに働いている感じです。

——PLEN Cube導入のきっかけや目的はどんなものでしたか?

コーヒーのサブスクリプションサービスを始めたことがきっかけです。最初はバウチャー券や定期券を使おうとしていましたが、それでは会員でない人も使いまわしができてしまいます。けれど、もともとやっていたコーヒーチケット(回数券)は、コーヒーが気軽に飲めるようになったと好評だったので、サブスクリプションも諦めたくないと考え、顔パスを使えばいいのではと思ったのです。 そんな時、たまたま店内でロボットを持っている人を見かけて、声をかけてみたらそれがPLENの方でした。

——Cube導入で改善した点、導入のメリットはありましたか。

疑問点は特にありませんでした。既製品と違ってカスタマイズが効くので、こういう風にしたい、という要望を実現させてくれて助かりました。 特に、専用の「顔パス」機能を作っていただけたのは大きかったです。この店はオフィスビル内にあるので、常連客が多いです。そのため、常連さんの顔を覚えて、「いつもの」をすぐに提供できることがとても大切です。しかし、例えば新人のアルバイトスタッフにそれはできません。でも、PLEN Cubeは一度記録した顔を忘れることはありませんので助かっています。それに、PLEN Cubeは喋るので、冷たいという印象を持たれたこともありません。

——Cubeを使う人は、どんな人が多いですか。

若い男性が多いと思います。元々、若い男性にはコーヒーのサブスクサービスを利用している人が多いということもありますが、ロボットに興味のある男性が多いかもしれません。一方で、ロボットにあまりなじみのない人にも結構ご利用いただいています。そういう人は、PLEN Cubeが本当に機能しているのか分かりづらいという人もいるので、もう少しなじんでもらえるようにしたい。

——Cubeを使って、今後やってみたい事はありますか。

カウンターではなく店の前にPLEN Cubeを置いて、店内に入らなくてもサッとコーヒーを買えるような仕組みを作りたいです。 それから、LINEやWebで事前注文ができるので、そこに顔パスを使いたいと思っています。事前に顔を登録して、顔パスを使って注文を受け取れるようになれば便利ですよね。 決済機能も、今後は使っていきたいと思っています。そして、例えばUber eatsとリンクできたらすごく便利ですよね。 他にも、決済・ネット・AIの機能を組み合わせて、色々なことをしていきたいです。

——今後追加してほしい機能や、もっと改善してほしい点はありますか。

強いて言うなら、レスポンスの速さがもう少し上がるといいと思います。それか、通信の待ち時間に相互のやり取りができると面白いかもしれません。 それから、オフィスビル内という立地もあって、マスクをしているお客様も多いので、マスクをしたままでも顔認証ができるようになるとなお便利になると思います。今はメガネなどをしていても認証できるので、そこは助かっています。 また、今後は多店舗とも連携できるようにしたいですね。例えば、お台場で登録した顔のデータが、別の場所にある系列店でも使える、などといったシステムができるととても便利です。

——PLEN Cubeは、実は飲食店からの引き合いも強いのですが、飲食店が共通して抱える悩みは何でしょうか。

やはり人手不足ではないでしょうか。それから、物価上昇。食材の原価が上がると当然利益は減りますし、人件費の予算も減ってますます人手不足になってしまいます。 今後、ロボットを活用する飲食店は増えると思います。

——立花さんが目指す、お店の方向は?

家庭で淹れられるような、コーヒーの知識を持ったスタッフが増えるといいな、と思っています。家庭でも使える範囲の、いい豆やいい機械などの知識があって、それをお客様にお勧めできるお店を作りたいですね。 一方、高級志向に行くのか、大衆向けにギリギリ安いものにいくのかということはとても迷っています。ファミリーや観光客が多いので、べらぼうに高い商品ばかりを売るのはやめたいと思っているのですが…。 他には、チェーン店にはできないオリジナリティを出したいなと思って、最近は自家製レモネードを売ったりしています。これは、量産品のシロップとの差別化を図ろうとして作ったものです。新しいお店が次々と出てくるカフェ業界では今後、既製品ではなく、ホームメイド系のものを出すことが求められていくのではないかと思います。

それから、細かい改良としては、電源が取れる席をもっと増そうと思っています。全面禁煙化も徐々に進めていきたいです。
あとは、今あるサブスクサービスの価格をもっと抑えて、より多くの人に利用していただけるようにしていきたいと思っています。

——サブスクリプションは今後日本で広まっていくと思いますか?

キャッシュレスの影響もあって、広まると思います。CRUX Kafeoでも、Paypayを使う人が増えています。 キャッシュレスとサブスクは相性がいいので、そうしてキャッシュレス化が進めば、必然的にサブスクも広まるのではないでしょうか。PLENの顔パス機能も、サブスクの領域で活きやすい機能だと思うので、今後が楽しみです。
【CRUX Kafeo】
住所:〒135-0091 東京都港区台場2丁目3−2 フロンティアビル2階 TEL:03-3529-6880 Website:http://www.crux-crews.com/

ページTOPへ