PLEN Robotics|プレンロボティクス

  • AIアシスタント PLEN Cube
  • AIアシスタント PLEN Cube
  • AIアシスタント PLEN Cube
  • AIアシスタント PLEN Cube
  • AIアシスタント PLEN Cube

※画像のPLEN Cubeは開発途中のものです。

PLEN Cube導入事例 - 変なホテル様

世界初のロボットホテル「変なホテル ハウステンボス」で働くPLEN Cube

今回は、人気の観光地「ハウステンボス」にある世界初のロボットホテル「変なホテル ハウステンボス」さんにお話を伺いました。

長崎県佐世保市にあるテーマパーク、ハウステンボスに隣接する「変なホテル ハウステンボス」さんには、パイロットテスターとして2018年からPLEN Cubeをご利用いただいています。 そのPLEN Cubeは現在、ホテル内の「変なバー」で、バーテンダーとして、注文受付や決済、カクテルマシーンなどをコントロールしてドリンクの提供を行っています!
今回は、大江総支配人に、PLEN Cubeの利用状況を教えて頂きました。

——PLEN Cube導入のきっかけや目的を教えてください。

まだ試作中のPLEN Cubeを知ったのは、弊社グループの社員からの紹介でした。最初は客室での利用の提案でしたが、丁度客室内での接客用ロボットの使用をやめようとしていた時期だったので、決済などイペレーション合理化で利用できないかと逆に提案をしました。
その後会話を続ける中で、チェックインの際に取得した宿泊者情報を使って様々なオペレーションが一元化も可能になるだろうと思い、まずトライアルとして、変なバーでの導入を決めました。

——PLEN Cube導入のメリットはありましたか?

オペレーションがシンプルになりました。これまで、注文及び決済とドリンク類の提供など複数のシステムが独立して機能していましたが、PLEN Cubeによって一つのシステムに統合されました。ホテル側の教育や習熟の負担が減り、業務効率が上がったと実感しています。
また、構想からシステム開発まで9ヶ月程度、導入時のシステム切り替えも3週間程度、と変なバーの休止期間が想定より短かったことも良かったです。

——PLEN Cubeの稼働状況に不具合はありましたか?

ソフトウェアに問題が生じてカクテルマシーンを操作できなくなってしまったことが2度ありましたが、素早く対応していただいたので特に困りませんでした。修復自体も、電話での会話だけで済んだので手間もかかりませんでした。

——今後、PLEN Cubeを使ってやってみたい事はありますか?

短期的には、現状のクレジットカードからQR、顔決済まで、決済手段を増やしていくことを考えています。キャッシュレス化が進むのは世の流れなので、決済手段が増えるとより便利になると思います。
より中長期的には、バーだけでなく施設内の売店やクロークなどでも利用したいと思っています。それぞれの場所で使える機能が追加されると嬉しいですね。PLEN Cubeを使って施設内のシステムを統合して、お客様と従業員が共に快適に過ごせるようになればいいなと思っています。

——今後改善してほしい点はありますか?

今のところは特にありません。バーでの利用については、今のままでも充分だと思います。強いて言うなら、現在3Dプリンタで作られた実験機なので、量産品の耐久性に期待しています。

——変なホテルは世界初のロボットホテルとして知られていますが、今後ロボットが活躍するのはどのような分野と考えられますか?

開業当初のエンターテインメント目的でロボットを導入することは、今後はやめていこうと思っています。客室へのロボットの導入でたくさんのお客様に喜んで頂き、サービスの質は向上したと思います。
一方で、テクノロジーの進歩のスピードがとても速いので、4年前の開業時に使っていたロボットは、例えば音声認識など、もう旧世代のものになってしまいました。変わり続けることを約束しているロボットホテルなのに古い技術をいつまでも使っているのは良くないですよね?しかし、200室もある客室の設備を全て最新のものに取り替えるのは現実的ではありません。
そこで、今後は人に代わってホテルの運営業務を行うロボットを導入の中心とすることを考えています。

——今後のサービスの自動化・効率化の重点ポイントはどこでしょうか?

ホテル内で現金を使わないという状態を作ることが、究極の目標です。当ホテルは従業員が少なく、一人一人がマルチタスクをこなしています。キャッシュレス化することにより、売上金回収、つり銭の用意、両替対応などの業務を無くせたらいいですね。ロボットなどがお金の流れを管理してくれると、従業員の負担は大きく減ると思います。
また、限られた人数しか従業員がいないと、セキュリティ面でも不安があります。そういう面でもテクノロジーが活躍してくれる場はたくさんあるのではと思っています。
【変なホテル】
住所:〒859-3243 長崎県佐世保市ハウステンボス町6-5
TEL:0570-064-110
Website:http://www.h-n-h.jp/

ページTOPへ